【愛人】パパ活男女アカウント81【2023.11.24】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/24(金) 23:51:34.94 ID:s1bkCH2U.net
内容:
?目次
1、過去スレ
2、P垢善悪判別
3、PJへのアドバイス
4、PJ垢善悪判別、界隈悪質p垢(妄想p、飯p)
5、界隈悪質P垢(偽物p)
6、界隈悪質p垢(要注意垢、イキリp)
7、イキリpj垢

過去スレ
【愛人】パパ活男女アカウント65【正規】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1684936534/
【愛人】パパ活男女アカウント66【正規】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1684963543/
【愛人】パパ活男女アカウント67【正規】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1685171823/

【愛人】パパ活男女アカウント68【2023.6.20正規】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1687217410/

【愛人】パパ活男女アカウント69【2023.6.27正規】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1687824823/

【愛人】パパ活男女アカウント69【2023.7.7正規】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1688739416/

【愛人】パパ活男女アカウント70【2023.7.23正規】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1690101241/

【愛人】パパ活男女アカウント71【2023.8.5正規】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1691231773/

【愛人】パパ活男女アカウント72【2023.8.19】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1692413203/

【愛人】パパ活男女アカウント73【2023.8.30】
https://itest.5ch.net/rio2016/test/read.cgi/twwatch/1693393800/

【愛人】パパ活男女アカウント74【2023.9.6】
https://itest.5ch.net/rio2016/test/read.cgi/twwatch/1694856960/

【愛人】パパ活男女アカウント75【2023.9.16】
https://itest.5ch.net/rio2016/test/read.cgi/twwatch/1694856960/

【愛人】パパ活男女アカウント76【2023.9.26】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1695702399

【愛人】パパ活男女アカウント77【2023.10.12】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1697068236/

【愛人】パパ活男女アカウント78【2023.10.25】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1698190024/

【愛人】パパ活男女アカウント79【2023.11.2】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1698884641

【愛人】パパ活男女アカウント79【2023.11.2】(実質80)
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1698884585/

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 14:51:33.40 ID:GlHwd264.net

【悲報】岩尾を県条例違反(卑わいな行為)疑いで逮捕 コンドーム購入直後に「・・・したいのでトイレ借りていいですか」

2022-10-24

福岡市の中学校教諭の男がコンビニエンスストアでコンドームを購入後に、店長の女性に卑わいな言葉を発したとして警察に逮捕されました。

逮捕されたのは、福岡市内の中学校に勤務する岩尾篤容疑者28歳です。警察の調べによりますと、岩尾容疑者は去年10月、福岡市内のコンビニエンスストアで2回にわたり、コンドームを購入した後に店長の女性に対し卑わいな言葉を発した疑いがもたれています。
さらに、去年12月にはドラッグストアでも別の女性に対し、卑わいな言動をしていたということです。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:11:50.96 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて追捕に赴いた[4]。ビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットラのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 11:42:49.82 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に出て生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄処分物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出し部屋た、性悪な女アグネス、チャンと意気投合してウェブ広告リ島メイド眠く西岸のノース海峡に面や沖、現ほサウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らす事ようになった

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 01:55:23.51 ID:0o2nSAg4.net

(東京)目黒区目黒本町2丁目で下半身露出 11月24日夕方
2023/11/24

警視庁によると、24日午後5時50分ごろ、目黒区目黒本町2丁目の路上で男性による下半身露出が発生しました。(実行者の特徴:30〜40歳、パーマ頭ボサボサ、ロングTシャツ、茶色ズボン)
■実行者の言動や状況
・下半身を出しているのが目撃された。
■現場付近の施設
・学芸大学駅[東急]

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:09:17.30 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に出て生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄処分物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働日を嫌って家を飛び出した、性悪な女アグネス、チャンと意気投合してリ島メイ眠く西岸のノースに沖、サウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らす事ようになった

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 11:15:15.48 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:22:13.06 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に出て生まれたとされる。

父は庭造り掘り、廃棄処分物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったた労働日を嫌って家を飛び出した、性悪な山賊女アグネス、チャンと意投合リ眠く西岸のノースに沖、サウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らす事ようになった

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 11:15:52.46 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:44:00.65 ID:hbjBe2pT.net

   \ `⌒′ /
  /⌒    \
 / /。   。 \
(  ̄ ̄\   |) )
  ̄/⌒ヽ)三三/ /
  /   ノ (_ノ⌒\
 |   ノ__ノ   )
  \_/   \__/
  / |     ヽ__)
 (__ノ

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:29:45.12 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて追捕に赴いた[4]。ビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛た[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:47:19.85 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで世紀に出て生まれたとされる。

父は庭造り掘り、廃棄処分さは物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったた労働日を嫌って家を飛び出した、性悪な山賊女アグネス、チャンと意投合リ眠く西岸のノースに沖、サウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮ら

あ洞窟のについて入口は、満はに海下に隠れるので人目に触れ合いまし納した反応
難かっ?佐田た。労働日時間を嫌っ反応た2人は、日々の生活の糧を得る、通り掛旅人を襲うことを思いた[。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:54:26.53 ID:hbjBe2pT.net

    (´・ω・`)::
   /⌒  ⌒)::
  / へ__/ /::
  (_\\ミ)/::
   | `-イ::
   / y  )::
  // /::

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 06:05:33.28 ID:+cUHazhJ.net

>>33
watabe_xxxだよ

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 11:36:27.14 ID:0TV+/NHQ.net

荒らすんじゃったらのお
最後までやれや
クズが

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 14:13:49.46 ID:U82YV3ja.net

酔い潰れて道路にに寝込んでいたバカをひき逃げ、タクシー運転手を逮捕

30日午前0時ごろ江戸川区松江の首都高速道路7号小松川線の高架下を通る幅員約4mの一方通行路。66歳の男性は酒に酔い潰れて車道部分に寝込んでいたところ、進行してきたタクシーにはねられた。

男性は近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡。小松川署の調べではタクシーはそのまま逃走したが、周辺捜索を行った際に発見し、運転していた同区内に在住する70歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 13:25:53.15 ID:krksPUSS.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三国年戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世のルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:55:26.73 ID:+AmXvyz2.net

>>182
お前はテンプレ貼って渡部にやらせてるだけで何もしてないな
さすが渡部の飼い主

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:24:28.06 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで世紀に出て生まれたとされる。

父は庭造り掘り、廃棄処分さは物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったた労働日を嫌って家を飛び出した、性悪な山賊女アグネス、チャンと意投合リ眠く西岸のノースに沖、サウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようにな

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ納得難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る、通り掛旅人を襲うことを思いた[。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 11:43:32.76 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に出て生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄処分物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働日を嫌って家を飛び出した、性悪な女アグネス、チャンと意気投合してウェブ広告広告リ島メイ眠く西岸のノースに面や沖、現ほサウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らす事ようになった

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 09:50:30.79 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて追捕に赴いた[4]。ビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った[4]。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:26:23.59 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて追捕に赴いた[4]。ビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 03:49:09.22 ID:hbjBe2pT.net

  ε⌒ヘ⌒ヽフ
   ( ( ・ω・)  ブヒ
  ε⌒ヘ⌒ヽフ⌒ヽフ
  ( ( ・ω・) ・ω・)  ブヒブヒ
ε⌒ヘ⌒ヽフ⌒ヽフ⌒ヽフ
( ( ・ω・) ・ω・) ・ω・)
‘し-し-J し-Jし-J

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:49:57.61 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に行く逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 14:29:34.98 ID:Ej+7nmAz.net

>>182
そんなネタバレ書かなければ渡部も荒らしを続けたのにバカだな
でも渡部の飼い主は君だけだよ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 03:54:10.30 ID:hbjBe2pT.net

∧_∧
   ( ・ω・)
   |   |
   |   |
   |   |
   |   |
   |   |
   |   |
   |   |
  _| ⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:47:01.80 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて追捕に赴いた[4]。ビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、相を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:05:39.80 ID:JIAisMWd.net

>>182
それ書き込まなければ荒らし続いたのにバカだな
今度は渡部にやらせず自分で荒らせよ

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:23:59.74 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、2年間に渡ってさ犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男ひはグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間にのははは見付け難かったが、猟犬が臭嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、は盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧でされてへ失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンズも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近はあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在や犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:09:53.69 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、2年間に渡ってさ犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男ひはグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間にのはは見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧でされてへ失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンズも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近はあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在や犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 13:31:39.07 ID:krksPUSS.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ683世まで続くスペイン王家となった。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三国年戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世のルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:51:33.09 ID:0mG92PVE.net

>>178
ペリシテってあまり知られてないから気にするな
どんなこと書かれたかも記憶にないぞ

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 13:28:00.19 ID:krksPUSS.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ21世まで続くスペイン王家となった。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三国年戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世のルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 04:03:43.80 ID:hbjBe2pT.net

        ヽノ
      ァ゙ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     /       ヽ
     /         、
    / ●     ●  Y
   /イ   (二二二)   (ヽ
   / ノ   `ー—′   │ ヽ
   ヽィ          ∧_ノ
    ゙ヽ        /
      `ーr、 ___ ,r゙   

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 09:40:14.84 ID:R/cR8l4W.net

雑魚ナマポ自称pと中堅、大手の違い
雑魚 中堅 大手
車 ない ある ある
住み 千葉埼玉郊外 23区 23区都心部
アプリ 無課金 以前課金 課金
ポスト 毎日5回以上 低い 低い
フォロワー ~400 ~1000 1000~
妄想度 ほぼ全て 無い 無い
婚姻状況 独身 既婚 既婚

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 11:40:30.71 ID:R84Hi/YC.net

渡部操られてアホすぎ

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 03:58:05.94 ID:hbjBe2pT.net

  ∧∧
 ( ・ω・)  ○○○
c(_uuノ ○○ ○○○

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:51:47.11 ID:hbjBe2pT.net

∧,_,∧
  (`・ω・´)  n__
`__n 〉  ⌒\/ 、_∃
E_,У ∧  \_/
  \_/ \  丶
     / y  ノ
    / / /
   ( ( 〈
    \ \ \
    (_(__)

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:45:00.67 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い労働にちよら従事し、ビーンズも若はや頃はそれを手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:41:04.71 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで世紀に出て生まれたとされる。

父は庭造り掘り、廃棄処分さは物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったた労働日を嫌って家を飛び出した、性悪な山賊女アグネス、チャンと意投合リ眠く西岸のノースに沖、サウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らす

あ洞窟のに入口は、満はに海下に隠れるので人目に触れ合い納した難かっ佐田た。労働時間を嫌っ反応た2人は、日々の生活の糧を得る、通り掛旅人を襲うことを思いた[。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:53:54.62 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて追捕に赴いた[4]。ビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うこと思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 09:47:36.13 ID:wJOq/fRb.net

>>112
これ書きたくて嵐が過ぎるのを待っていたお前はウンコ

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:37:33.22 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対よう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶ったが最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定か

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて追捕に赴いた[4]。ビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 09:50:17.92 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて追捕に赴いた[4]。ビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟に持ち帰った[4]。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 11:46:36.01 ID:83H/or7A.net

>>242
>>182
渡部5ch敵視してるやつにテンプレ貼られて荒らしさせられてアホやん

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 03:50:14.41 ID:hbjBe2pT.net

∧_∧ ◇
  (´ω`)ノ ッパ
 ノ/  /
  ノ ̄> ズズ〜

  ∧_∧
  ( >□<) チ〜ンプンプン
  / VV
 ノ ̄>

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:23:16.39 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで世紀に出て生まれたとされる。

父は庭造り掘り、廃棄処分さは物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったた労働日を嫌って家を飛び出した、性悪な山賊女アグネス、チャンと意投合リ眠く西岸のノースに沖、サウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らす事ようになった

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る、して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:52:07.33 ID:aHk/9mQz.net

5chを居場所にしてる奴らの呻き声が聞こえるwww

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 11:43:20.36 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に出て生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄処分物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した瞬間、性悪な女アグネス、チャンと意気投合してウェブ広告広告リ島メイ眠く西岸のノースに面や沖、現ほサウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らす事ようになった

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 11:28:36.23 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に出て生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄処分物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出したそして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェブリテン島メイド西岸のノース海峡に面した半島沖、現ほサウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らす事ようになった

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 04:09:04.25 ID:hbjBe2pT.net

  ____
  /____/)ミ
彡(____ミ/)ミ
彡(____ミ/)ミ
彡(____ミ/
  ヽ(´・ω・)ノ
    |  /
    UU
 ブツケタロカ・・・

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:37:08.46 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定か

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて追捕に赴いた[4]。ビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:43:48.58 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りやな溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働にち従事し、ビーンズも若頃はそれを手伝っていたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 13:31:12.44 ID:mD+AKh4i.net

スコットランドに住んでた愛しの高学歴PJちゃんは今日学祭だと思うぞ?荒らし君

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 11:25:10.70 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出したそして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現ほサウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 13:25:20.39 ID:krksPUSS.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世のルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 11:36:34.24 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に出て生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄処分物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出し部屋たそして、性悪な女アグネスと意気投合してウェブ漫画広告リ島メイド眠く西岸のノース海峡に面した半島部沖、現ほサウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らす事ようになった

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:24:35.26 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで世紀に出て生まれたとされる。

父は庭造り掘り、廃棄処分さは物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったた労働日を嫌って家を飛び出した、性悪な山賊女アグネス、チャンと意投合リ眠く西岸のノースに沖、サウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようにな

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ納得難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る、通り掛旅人を襲うことを思いた[。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:47:46.11 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて追捕に赴いた[4]。ビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀さして通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 07:59:06.70 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕
編集
ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて追捕に赴いた[4]。ビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:47:07.98 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて追捕に赴いた[4]。ビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸の海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、相を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:16:16.37 ID:0QCY/Xk4.net

はいスッキリ
渡部見てる?
意味なし

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:23:50.78 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、2年間に渡ってさ犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男ひはグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間にのははは見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、は盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧でされてへ失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンズも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近はあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在や犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 13:13:56.13 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで世紀に出て生まれたとされる。

父は庭造り掘り、廃棄処分さは物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったた労働日を嫌って家を飛び出した、性悪な山賊女アグネス、チャンと意投合リ眠く西岸のノースに沖、サウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮ら

あ洞窟のについてお話入口は、満は海下に隠れるので人目に触ましだモンスね納した反応
難かっ?佐田た。労合時間を嫌っ反応た2人は、日々の生活の糧を得る、通り掛旅人を襲うことを思いた[。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:39:03.23 ID:agb7Lhu2.net

>>159
渡部のテンプレで渡部を召喚
ほとんど渡部に荒らしさせて楽するなよ
お前もがんばれ

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:09:43.10 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、2年間に渡ってさ犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男ひはグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧でされてへ失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンズも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近はあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在や犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 14:17:41.87 ID:U82YV3ja.net

ニュース速報+
【東京】コンビニ強盗で20万奪う 容疑の21歳男を逮捕

コンビニエンスストアに刃物を持って押し入り、現金を奪ったとして、警視庁葛西署は29日、
強盗容疑で、東京都江戸川区東葛西4丁目のアルバイト、柏原勇吾容疑者(21)を逮捕した。
容疑を認めている。

逮捕容疑は9月22日未明、江戸川区東葛西4丁目の「ローソン葛西さくら公園店」に客を装って侵入し、
店員の男性(40)に包丁のような刃物を突きつけて「カネを出せ」と脅し、
現金約20万5千円を奪ったとしている。

周辺の防犯カメラの画像などから柏原容疑者が浮上した

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:26:15.59 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが可能で知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、2年間に渡ってさ犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男ひはグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間にのははは見付け難かったが、猟犬が臭嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、は楽盗混じって夥しき数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧でされてへ失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンズも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近はあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在や犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:34:52.22 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで世紀に出て生まれたとされる。

父は庭造り掘り、廃棄処分さは物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったた労働日を嫌って家を飛び出した、性悪な山賊女アグネス、チャンと意投合リ眠く西岸のノースに沖、サウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすよう

あ洞窟のに入口は、満時はに海下に隠れるので人目に触れ合い納得した難かった。労働時間を嫌っ反応た2人は、日々の生活の糧を得る、通り掛旅人を襲うことを思いた[。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:40:10.38 ID:iaPzP094.net

雑魚、大はしゃぎ

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 13:49:14.86 ID:krksPUSS.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。その以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三国年戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世のルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:22:34.94 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に出て生まれたとされる。

父は庭造り掘り、廃棄処分さは物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったた労働日を嫌って家を飛び出した、性悪な山賊女アグネス、チャンと意投合リ眠く西岸のノースに沖、サウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らす事ようになった

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:16:57.51 ID:Q/0Vo/64.net

>>256
渡部も引くに引けないから本当に上手くやったと思うよ

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:09:37.14 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、2年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男ひはグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧でされてへ失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンズも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近はあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在や犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:49:50.10 ID:hbjBe2pT.net

∧∧
 ( ・ω・)  ○○○
c(_uuノ ○○ ○○○

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:24:45.25 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで世紀に出て生まれたとされる。

父は庭造り掘り、廃棄処分さは物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったた労働日を嫌って家を飛び出した、性悪な山賊女アグネス、チャンと意投合リ眠く西岸のノースに沖、サウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすよう

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ納得難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る、通り掛旅人を襲うことを思いた[。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:24:16.39 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで世紀に出て生まれたとされる。

父は庭造り掘り、廃棄処分さは物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったた労働日を嫌って家を飛び出した、性悪な山賊女アグネス、チャンと意投合リ眠く西岸のノースに沖、サウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになったほ

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ納得難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る、通り掛旅人を襲うことを思いた[。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 14:32:45.99 ID:PJsmUDw3.net

>>33
>>182
5ch荒らしたいアンチ5chが渡部のテンプレ貼って渡部に荒らしさせてて草
渡部アホやん

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:06:52.33 ID:aWhMwYpP.net

2023年 妄想Pオブザイヤーのまえぽんもテンプレ入れとけや
https://twitter.com/tkhrsk223/status/1727624082278220047
(deleted an unsolicited ad)

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 13:20:15.77 ID:krksPUSS.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族
編集
1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:01:03.85 ID:yzFf+lDp.net

バカ渡部久々に暴れたか
自分の立てたスレ使われないのが悔しいんだな。

悔しいのうw
おう荒らすなら最後までやれや

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 13:48:58.60 ID:krksPUSS.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世まで続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三国年戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世のルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

372 :名無しさん:2023/11/25(土) 14:28:55.54 ID:6RRZHms4.net

まほ@yha____faz0Oill
夜更かし気味と思いきや
あまり寝られず朝早く起きてるみたいになってるまほです🤣🤣

私も年内最後なので、、、
最後の出会いとして募集しようか迷っています🤭

もちろんですがpさんのみではなくpjさんもと考えております✨🤭
https://twitter.com/yha____faz0Oill/status/1728194847067234498
大道寺銀蔵@xiaosensha46395だけでは足りないらしい。
(deleted an unsolicited ad)

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:44:01.85 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りやな溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働にちよら従事し、ビーンズも若はや頃はそれを手伝っていたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 11:07:26.50 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアは共に性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 11:16:07.25 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出したそして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 07:55:32.72 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕
編集
ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。そしてスコットランド国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて追捕に赴いた[4]。ビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。 しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 14:41:03.16 ID:GlHwd264.net

千葉】木更津市議が刺され死亡 マンション自室の玄関前 殺人容疑で捜査

9日午後8時55分ごろ、千葉県木更津市中央2丁目のマンションで、「男の人が血だらけで倒れている」と住人の女性から110番があった。
県警木更津署によると、男性は木更津市議の石川哲久(のりひさ)さん(71)で、体に包丁とみられる刃物が刺さった状態で12階の自室の玄関前で倒れており、病院に搬送されたが約1時間後に死亡が確認された。

同署によると、帰宅した妻(64)が発見し住人の女性に助けを求め、その女性が通報した。
県警は殺人事件とみて捜査している。

石川市議は旧建設省で建築指導課長などを歴任。
2015年から同市議を務め、現在1期目。
今年4月の市議選にも立候補を予定していた。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:21:20.55 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて追捕に赴いた[4]。ビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 11:36:48.27 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に出て生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄処分物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出し部屋た、性悪な女アグネスチャンと意気投合してウェブ漫画広告リ島メイド眠く西岸のノース海峡に面した半島部沖、現ほサウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らす事ようになった

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:35:02.68 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りやな溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンズも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:54:09.71 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェ一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かで

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて追捕に赴いた[4]。ビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うこと思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 13:13:50.73 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで世紀に出て生まれたとされる。

父は庭造り掘り、廃棄処分さは物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったた労働日を嫌って家を飛び出した、性悪な山賊女アグネス、チャンと意投合リ眠く西岸のノースに沖、サウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮ら

あ洞窟のについてお話入口は、満は海下に隠れるので人目に触れ合ましだモンスね納した反応
難かっ?佐田た。労合時間を嫌っ反応た2人は、日々の生活の糧を得る、通り掛旅人を襲うことを思いた[。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:59:38.02 ID:LWBhubzv.net

>>182
お前が5ch側じゃなかったら完全に渡部を操って荒らしてるってことだろwww
上手くやりやがったな

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 14:29:33.55 ID:GlHwd264.net

JKのリュックに💩のようなもの入れたアラフィフ5無職のジジイ逮捕

女子高生(18)が背負っていたリュックサックのポケットに、人の大便のようなものを入れたとして、千葉県警松戸署は27日までに、器物損壊の疑いで、自称東京都葛飾区の無職菊池英記容疑者(51)を逮捕した。
署によると菊池容疑者は容疑を認めているという。
逮捕容疑は、25日午後1時15分ごろ、松戸市内の商業施設の上りエスカレーターで、前に乗っていた女子高生が背負っていたリュックサックのポケットに人ぷんのようなものを入れ、汚損させた疑い。
署によると、被害に気付いた女子高生が帰宅し、母親が110番通報した。防犯カメラの映像など、所要の捜査を行い菊池容疑者を特定した。
菊池容疑者と女子高生に面識は無かった。署は余罪や動機などを調べている。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 05:14:28.06 ID:aHk/9mQz.net

界隈の悪質p垢
心無い方、容認欲求やマウントを取りたい方
グルメ写真を投稿してpjに近づいたり
富裕層パパを演じて実際は貧困層の偽物パパが存在します。
妄想p 要注意★☆☆☆☆
説明
活動してるかのように見せかけてるが妄想(嘘)で固め自己満足&承認欲求を満たすだけの害悪。
わかりやすくいうとイキリpjの男版
特徴
・高額振り込んだ、高級レストランに連れて行った、ハイブラをあげた等
・pj(架空)をS、Aクラス等ランク付け
・高学歴や学校、胸のカップをツイート
・活動写真が全くない(実話ではないので当然アップできない)
該当p
・稲葉@newloveFriends
・ヤマイチ @yamaichi_p
・Shark麗tokyo @ikaking202301←とうふ屋うかい偽投稿前科あり
妄想p垢代表  watabe本部長@WATABE_CEO
★★★★★★★★★★★★★
・ガリガリ体型の妖怪、恐怖を感じたJKから脊髄反射の如く視線を逸らされる
・募集垢でもないツイッターでイキって虚勢を張って妄想に逃げるためだけにツイッターをする精神障害者
・リチャードのヘイトで5chを荒らし続けビビって噛みつけないヘタレ
・お金が無いので殆ど自炊で缶詰のカレーをよく食べる
・朝マック500円が高くてびっくりする貧しさ
・アラフィフ未婚の超絶キモオジ
・彼女がいると嘘をついているが彼女の影は全く無い
・リアルで友達がいないツイ廃
・定期わずとツイートするが5ch荒らしのIDが1日中変わっていなかったので自宅で5chに張り付いていたのがバレる
・元PJの貢ぎ奴隷でPayPay3000円貢いだ実績を晒される
・大人未経験18歳JKを卒業させたと頻繁に嘘をつくのでフォロワーも呆れている

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 09:10:59.08 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

襲う相手の人数は必ず5人以下とし、それ以上の集団には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手がどの方向に逃げても対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて追捕に赴いた[4]。ビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついはた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 13:28:16.77 ID:krksPUSS.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ62世まで続くスペイン王家となった。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三国年戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世のルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:21:39.69 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に出て生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄処分物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働日を嫌って家を飛び出した、性悪な山賊女アグネス、チャンと意投合リメイ眠く西岸のノースに沖、サウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らす事ようになった

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 10:58:07.62 ID:m7K1jFIg.net

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄物処理等の日雇い労働に従事し、ビーンも若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったため、労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビーンとアグネスは共に性欲が旺盛であったとされ、男8人、女6人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団行動には手を出さなかった[1]。襲撃する場合は、相手側がどの方向に行く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 12:22:01.89 ID:m7K1jFIg.net

ミスタービーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に出て生まれたとされる。

父は庭造りや溝掘り、廃棄処分物処理等の日雇い労働に従事し、若い頃はそれを手伝っていたが、怠惰で粗暴な性格であったた労働日を嫌って家を飛び出した、性悪な山賊女アグネス、チャンと意投合リ眠く西岸のノースに沖、サウス・シャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の洞窟に暮らす事ようになった

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀して通り掛かる旅人を襲うことを思いついた[3]。しかも自分達の存在や犯行が露見しないよう、必ず相手を殺して死体を洞窟に持ち帰った[4]。

最初はこの様にして得た金品で食料品などを購入していたが、充分ではない上に金品から足がつく恐れもあり、次第に金品を売ることは難しくなった[5]、飢えに迫られた彼らは、殺した人間の肉を食べることを始めたとされる[3]。

大家族の形成
編集
ソニー・ビー性欲が旺盛であったとされ、人の子をもうけ、さらにその子供達は、近親相姦を繰り返し男18人、女14人を産んだという(ちなみに障害があった子供は食べられたという)。最終的にビーン一族は48人とも50人とも伝わるほどの大家族となった[4]。

子供達は通常の教育は全く受けず、言葉もたどたどしかったが、旅人を襲って取り逃がすことなく殺害し、解体して食糧に加工する技術を学び、強力な殺人集団を形成した。彼らは普通の食べ物ではなく、専ら人肉を食料としたという[1]。

犯行
編集
ビーン一族は優れたチームワークで行動し、決してその犯行や存在を世間に知られることはなかった。

可襲う相手の人数ははや必ず5人以下とし、それ以上の集団心には手を出さなかった[1]。襲撃する場合はどのぐらい方向に行く素早く逃げても歯対処できるよう仲間を配置した。

そのため、ビーン一族に襲われて生還した者はなく、ギャロウェイの海岸一帯で人間の失踪事件が多発することが知られるようになっても、誰も真相を掴めなかった。

行方を絶った旅人が最後に宿泊した宿屋の経営者や素行不良者、犯罪歴のある者などが治安当局に逮捕され、無実の罪で処刑されたが、もちろんその後も失踪事件は跡を絶たなかった。スコットランドの人々は、超自然的な力や悪魔が跳梁していると噂した[6]。

彼らに殺され、食べられた人数は、30から40人、300人以上、1500人以上という説もあり、定かではない。

発覚と逮捕

ビーン一族は、25年間に渡って犯行を続けたが、ある時、1頭の馬に乗って通り掛かった夫婦を襲って失敗し、妻は捕らえて殺すことが出来たが、夫は馬に乗って逃走、待ち伏せていた者達も疾走する馬は停められず、また大人数の集団が接近して来たので、諦めて撤退せざるを得なかった[4]。逃げ延びた男はグラスゴーの役所に訴え、ついにその凶行が露見した[5]。

そしてスコットランド王国に国王ジェームズ1世に報告され、事件を重く見た国王は、自ら400人の兵を率いて言う追捕に赴いた[4]。可愛いビーン一族の洞窟は人間には見付け難かったが、猟犬が臭いを嗅ぎつけ、一族は全員が捕縛された。洞窟内からは、盗品に混じって夥しい数の人肉や人骨が発見され、ビーン達の犯行が明るみに出た[6]。

ビーン一族の所業は極めて邪悪なものとされ、裁判は行われず、全員が極刑に処せられた。男達は両腕両脚を斧で切断されて失血死するまで放置され、女子供達はその様子を見せられた後に火炙りに処されたということである[6]。

しかしながら一族の内の2人は逮捕も処刑もされることなく何処かへ行方をくらませたという。

ビーンはスコットランドのイースト・ロージアンで14世紀後半に生まれたとされる。

父はまひ庭造りのやな溝の掘り、廃棄物処理等の日雇い覚めた労働にちよら従事し、ビーンズほも若はや頃はしとそれを踏まえてご注意手伝ってはいたのが、怠惰で粗暴な性格であったため、はな労働を嫌って家を飛び出した[1]。そして、性悪な女アグネスと意気投合してガロウェイ(英語版)(ブリテン島西岸のノース海峡に面した半島、現サウス・エアシャイア)付近にあるバナーン・ヘッドの海岸の暮らすようになった[2]。

洞窟の入口は、満潮時に海面下に隠れるので人目に触れ難かった。労働を嫌った2人は、日々の生活の糧を得る為に、共謀しては通り掛かる旅人を襲うこをかなよら思いついはた[3]。しかもし自分達の存在やひ犯行露見しないよう、相手を殺して死体をは洞窟にお持ち帰った

(Visited 1 times, 1 visits today)

参考になったらSNSでシェアお願いします!

この記事を読んだ方へのおすすめ

最近のコメント

コメントはまだありません
ページTOPへ↑