【愛人】パパ活男女アカウント80

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/24(金) 22:41:03.61 ID:YJVuTTFg.net
日和ってんじゃねーの?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:17:07.88 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロー皇帝レミスタとポル1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

4 :名無しさん:2023/11/26(日) 12:23:23.33 ID:RC2UUZqj.net

まほ@yha____faz0Oill

夜更かし気味と思いきや
あまり寝られず朝早く起きてるみたいになってるまほです🤣🤣

私も年内最後なので、、、
最後の出会いとして募集しようか迷っています🤭

もちろんですがpさんのみではなくpjさんもと考えております✨🤭
https://twitter.com/yha____faz0Oill/status/1728194847067234498

年内でこのアカウントは削除しますが
活動自体は続けていくと思います。

しばらく定期さんとも会えてないのでちょっと寂しい😢
https://twitter.com/yha____faz0Oill/status/1728083249723785494
(deleted an unsolicited ad)

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:18:53.57 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:58:09.85 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄義兄弟のオニャテ伯フア実権配管担当人参昨今文句ある意味文句アリアならランドあるな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:23:41.85 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグコテ)アストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:53:38.81 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フア実権配管担当人参昨今をハンブファファー退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 09:30:16.15 ID:QD6BHPxu.net

>>265
落ちたか?

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 15:02:41.91 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異実権配担当人参意味文句アリアならランな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 09:26:07.30 ID:FYuZtq0E.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブ家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペルマ経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されるとな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブル家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィダマリアたらたらマサあやまな屋家はひはは江里口ギリシャロパペ空成功でなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎えるから、1698年に又甥に当たる担たが、翌1699年夭し。

他の継承者候補にはバッハと魔トルキスタコンス同じ甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:17:43.86 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロー皇世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 09:25:45.02 ID:FYuZtq0E.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペルマ経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されるとな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブル家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィダマリアたらたらマサあやまな屋家はひはは江里口ギリシャロパペ空成功でなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎えるから、1698年に又甥に当たる担たが、翌1699年夭し。

他の継承者候補にはバッハと魔トルキスタコンス同じ甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:22:18.36 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグダードコンテレピザンティウムコンスタンの孫)アストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:48:04.97 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、気ルイ・ヴィトン14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 10:10:07.35 ID:FYuZtq0E.net

何人も立て続けに美女にあえるわけがない
PJさんに好意をもたれるなんてあるわけがない
処女のPJさんと大人なんてできるわけがない
美女と1万円で大人なんてできるわけがない
短時間に手動でコピペできるわけがない

自分の能力値を超えるものを全てできるわけがないと断定する前に、自分の能力の低さを自覚しろよ

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 10:14:07.06 ID:Q6+tcDiu.net

>>275
こら渡部の飼い主

・大人未経験18歳JKを卒業させたと頻繁に嘘をつくのでフォロワーも呆れている
ID:aHk/9mQz(3/7)

0182 名無しさん@お腹いっぱい2023/11/25(土) 10:52:07.33
5chを居場所にしてる奴らの呻き声が聞こえるwww
ID:aHk/9mQz(4/7)

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:22:28.87 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグダードコンテレピザンティウムコンスの孫)アストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:50:26.86 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:56:54.07 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フア実権配管担当人参昨今を文句があるならランドあるな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:22:08.28 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグダードコンテレピザンティウムコンスタンティノの孫)アストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:24:15.15 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグコテ)アト公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 15:04:50.30 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異実配フィラデルフィア担当アリアならランな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:47:37.23 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 12:01:30.87 ID:EUHdJ49U.net

>>287
>>289
一つはっきりしたことがあるけど
お前渡部じゃないな
なんか指し手が緩い

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 12:01:25.19 ID:aw7j9bTR.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嘔吐嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロスのマリア長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 15:02:00.88 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母ニャ伯フア実権配管担当人参意味文句アリアならランドあるな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 15:02:26.74 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異ニャア実権配管担当人参意味文句アリアならランな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:23:06.54 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグダードコンテレピザン)アストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:35:27.23 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグコテ)メソポ公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:54:24.81 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フア実権配管担当人参昨今をフォルテしゃハンブシャンパーニュ退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:50:36.19 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリ実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:49:57.57 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 11:38:12.52 ID:EUHdJ49U.net

>>287
はい論破
ちょろいなw

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:21:35.19 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉コンテレピザンティウムの孫)アストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:18:01.14 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 12:01:36.35 ID:aw7j9bTR.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嘔吐嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロスのマ長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:52:14.30 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フア実権配管担当人参ブランデン昨今を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:50:22.31 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:50:31.78 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:18:43.70 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロパ同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:49:22.50 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン漫画かヤルルイ・ヴィトン14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 15:04:40.52 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異実配フィラデルフィア担当人参文句アリアならランな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:21:53.12 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグダードコンテレピザンティウムコンスタンティノープルの孫)アストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:23:36.83 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグダーコテ)アストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 15:05:26.71 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異実配フィラ眠くならランな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:16:29.64 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 18:32:57.42 ID:F5/ugMem.net

>>246
なぜ?????
根拠を教えてくれるかい?
君はITの知識も無いくせに雰囲気と思い込みだけで判断してるよね?
妄想乙www.

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:47:01.38 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:48:29.37 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、治ちゃん市気かルイ・ヴィトン14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 15:04:21.49 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異実配フィラデルフィア担当人参殺しあ意味文句アリアならランな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 07:45:28.79 ID:FYuZtq0E.net

p活やってるpが思いがちなこと
自分だけは違う

おはようございます

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:21:44.58 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉コンテレピザンティウムコンスタンティノープルの孫)アストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:35:22.70 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグコテ)メソポミ公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:17:02.48 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロー皇帝レミスターとポル1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:37:50.79 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグコテ)ブ叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:55:47.27 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フア実権配管担当人参昨今を文句があるな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 09:27:10.26 ID:FYuZtq0E.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などのイタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されるとな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブル家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィダマリアたらたらマサあやまな屋家はひはは江里口ギリシャロパペ空成功でなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎えるから、1698年に又甥に当たる担たが、翌1699年夭し。

他の継承者候補にはバッハと魔トルキスタコンス同じ甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 15:11:25.05 ID:d7GYBlbI.net

これスクリプト荒らしっぽいな

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/25(土) 08:34:16.07 ID:QayM+x8z.net

妄想p垢代表  watabe本部長@WATABE_CEO
★★★★★★★★★★★★★
・ガリガリ体型の妖怪、恐怖を感じたJKから脊髄反射の如く視線を逸らされる
・募集垢でもないツイッターでイキって虚勢を張って妄想に逃げるためだけにツイッターをする精神障害者
・リチャードのヘイトで5chを荒らし続けビビって噛みつけないヘタレ
・お金が無いので殆ど自炊で缶詰のカレーをよく食べる
・朝マック500円が高くてびっくりする貧しさ
・アラフィフ未婚の超絶キモオジ
・彼女がいると嘘をついているが彼女の影は全く無い
・リアルで友達がいないツイ廃
・定期わずとツイートするが5ch荒らしのIDが1日中変わっていなかったので自宅で5chに張り付いていたのがバレる
・元PJの貢ぎ奴隷でPayPay3000円貢いだ実績を晒される
・大人未経験18歳JKを卒業させたと頻繁に嘘をつくのでフォロワーも呆れている

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 15:01:51.39 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄オニャ伯フア実権配管担当人参意味文句アリアならランドあるな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 12:01:09.40 ID:aw7j9bTR.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嘔吐嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロスの母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:48:56.49 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気かルイ・ヴィトン14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:52:00.37 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フア実権配管担当人参ブランデンブルク昨今を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 15:03:54.30 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異実配担当人参意味文句アリアならランな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 15:04:30.74 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異実配フィラデルフィア担当人参殺意味文句アリアならランな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:47:12.18 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:24:10.55 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグコテ)アトゥ公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:20:51.63 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉コンスタンテ・テレサの孫)アストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:54:16.03 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フア実権配管担当人参昨今をハンブシャンパーニュ退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:17:38.41 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロー皇レ世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 11:33:19.00 ID:N1/l2bhb.net

>>285
豚は豚だ
能力の低さを自覚すれば
豚を豚と言わなくなる理屈なんてない
そしてお前はバカだ

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:35:31.78 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグコテ)メソ公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:49:08.12 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘンかルイ・ヴィトン14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 12:01:59.44 ID:aw7j9bTR.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嘔吐嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス長い間ありが摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:23:27.19 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグダードコテレ)アストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 09:20:37.74 ID:5hVS4ViZ.net

ここはまだ落ちてないかな?

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 12:01:20.09 ID:aw7j9bTR.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嘔吐嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロスのマリアが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:17:12.72 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロー皇帝レミスとポル1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 15:07:10.96 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されるとな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:37:01.67 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグコテ)ブランデンブ選皇帝侯を叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:50:40.51 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウスト実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:17:17.92 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロー皇レミスとポル1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:49:30.74 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準漫画かヤルルイ・ヴィトン14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:47:17.87 ID:zveaV1wa.net

>>7
アカウント教えて下さい

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 15:05:20.55 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異実配フィラならランな退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:21:20.40 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉コンテレの孫)アストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:54:01.30 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フア実権配管担当人参昨今をハンブ退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:52:52.63 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フア実権配管担当人参昨今をハンブルク握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:22:34.48 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグダードコンテレピザンティウムコンの孫)アストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 11:36:20.96 ID:FYuZtq0E.net

>>286
あーあ
君は今、自分を晒してしまったことに気づいているだろうかwww

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:51:02.13 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:21:58.15 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグダードコンテレピザンティウムコンスタンティノプルの孫)アストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:16:56.04 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロー皇帝レとポル1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:23:22.18 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグダードコンテレ)アストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:55:12.61 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フア実権配管担当人参昨今をフォ退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:53:28.33 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フア実権配管担当人参昨今をハンブファンファーレ退場ら握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 09:33:52.10 ID:8eJAwJ2h.net

>>265
ツール使わないと規制くらうので5秒間隔の同じIDで連投100以上は無理

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/27(月) 10:43:55.71 ID:PutBRODZ.net

>>281
豚足pjで論破されてて草

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:22:13.62 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグダードコンテレピザンティウムコンスタンテの孫)アストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 14:51:41.44 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリアン王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フア実権配管担当人参を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れと見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔神聖)叙たが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世気ヘン準ヤルルイヴィト14姉マ・テレサの孫と、母方の従弟当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップ譲位をへて表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン人王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2023/11/26(日) 13:37:15.65 ID:pfRl8LxT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。

カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公ヨーゼフェルディナント(母方の叔父の神聖ロ姉バグコテ)ブラン選皇帝侯を叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。

1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。そのあと以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ68311世までそ続くスペイン王家となったた。

しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この三戦争は1714年に終結するが、
1700年、カルロススイアンへ譲位表明して崩御。スペイン・
イタリアオーストラリア連邦大陸準備銀行カイザー北京難波愛に?覚めた
カルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ見る歴史家も居る。

(Visited 11 times, 1 visits today)

参考になったらSNSでシェアお願いします!

この記事を読んだ方へのおすすめ

最近のコメント

コメントはまだありません
ページTOPへ↑