【愛人】パパ活男女アカウント90

1 :界隈スレ立て人 林:2024/01/31(水) 09:26:50.25 ID:owL+Hy0l.net
過去スレ
【愛人】パパ活男女アカウント68【2023.6.20正規】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1687217410/

【愛人】パパ活男女アカウント69【2023.6.27正規】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1687824823/

【愛人】パパ活男女アカウント69【2023.7.7正規】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1688739416/

【愛人】パパ活男女アカウント70【2023.7.23正規】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1690101241/

【愛人】パパ活男女アカウント71【2023.8.5正規】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1691231773/

【愛人】パパ活男女アカウント72【2023.8.19】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1692413203/

【愛人】パパ活男女アカウント73【2023.8.30】
https://itest.5ch.net/rio2016/test/read.cgi/twwatch/1693393800/

【愛人】パパ活男女アカウント74【2023.9.6】
https://itest.5ch.net/rio2016/test/read.cgi/twwatch/1694856960/

【愛人】パパ活男女アカウント75【2023.9.16】
https://itest.5ch.net/rio2016/test/read.cgi/twwatch/1694856960/

【愛人】パパ活男女アカウント76【2023.9.26】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1695702399

【愛人】パパ活男女アカウント77【2023.10.12】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1697068236/

【愛人】パパ活男女アカウント78【2023.10.25】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1698190024/

【愛人】パパ活男女アカウント79【2023.11.2】
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1698884641

【愛人】パパ活男女アカウント79【2023.11.2】(実質80)
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1698884585/

【愛人】パパ活男女アカウント82
https://itest.5ch.net/rio2016/test/read.cgi/twwatch/1701441327

【愛人】パパ活男女アカウント84
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1703629857/

【愛人】パパ活男女アカウント86
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1704778680/
【愛人】パパ活男女アカウント88
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1705804818

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 12:40:23.23 ID:cjOj4W2o.net

カルロス2世はスペ王であ共にナポリ王国、シチ王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海フィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家も繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患ってjおり、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物uを十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は461714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 15:12:14.50 ID:go09qT3/.net

【新潟】「今から娘を殺しに行く」 知人女性の顔殴り、車に監禁 飲食業の男(40)逮捕

新潟県警新潟東署と機動捜査隊は3日、新潟市中央区東堀通、飲食業の男(40)を傷害と監禁、脅迫の疑いで逮捕した。

発表によると、男は4月30日午前6時から同15分頃までの間、同市東区で30歳代知人女性の顔を殴って自身の車に監禁。同市中央区まで連れ回す間も暴行して鼻や手に打撲の軽傷を負わせ、隙を見て逃げ出した女性に「今から娘を殺しに行く」などと言って脅迫した疑い。調べに対し、男は容疑を一部否認しているという。

0017 名無しさん@1周年 2019/05/05(日) 14:39:34.11
い〜まから〜い〜っしょに〜これから〜い〜っしょに〜

0077 名無しさん@1周年 2019/05/08(水) 05:47:06.60
今から娘を
これから娘を
コロしに行こうか
ヤーヤヤ一ヤヤヤヤー

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 10:16:26.20 ID:X2K048Ce.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリ王なの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(かた。咀嚼に影響があり、食でま多かた。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱カルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうし奇を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 10:11:07.22 ID:X2K048Ce.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリ王なの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(前かた。咀嚼に影響があり、食でま多かた。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱カルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうし奇を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 09:33:48.08 ID:GPCzFTv8.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリ王なの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食で嚥しまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱カルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうし奇を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 21:14:35.08 ID:uBQeoDhQ.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レポル1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この玉子王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 18:22:39.92 ID:4KC8bHbD.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよ要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 16:39:23.98 ID:SGgASTdn.net

渡部無職か

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 09:33:54.85 ID:GPCzFTv8.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリ王なの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食でしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱カルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうし奇を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 00:07:48.68 ID:mU0N6k0I.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイ・ハプスブルク家最後の男子であ、彼のをスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家重も繰り返した、近親婚[1]によるもので考えられている。

先端巨大症を患りいわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突)が著しかった。咀嚼に影響があり食べを十咀嚼で嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったがガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子のとき風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかたが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供ときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にル14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に環日終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 23:54:40.92 ID:VuC5aqmG.net

>>313
yamadaが荒らしじゃないってお前が証明してるがな

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 23:51:29.02 ID:KMYrfbUu.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しておりまで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリ5王に就いた際に記録を差し出すよう要かわず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

次期後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 22:07:32.55 ID:bgkGXDsP.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にル14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に環日終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 15:38:40.64 ID:cjOj4W2o.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要かかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・アホンダラ一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファル選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった東海ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 16:34:07.80 ID:vZK59ZZS.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥にアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この我戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 11:42:23.54 ID:/wVj5R+e.net

カルロス2世はスペイン大王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾白孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 09:22:43.18 ID:GPCzFTv8.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリ王なの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食でき嚥してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱カルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうし奇を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 08:49:31.64 ID:WZTjDohn.net

カルロス 7時4分~12分

この2分後にリプ

https://x.com/watabe_xxx/status/1752817597064835458

カルロス7時40分~

7時43分

https://x.com/watabe_xxx/status/1752824943711338890?s=46&t=tV25W8twIEotSU69jYKyvw

カルロス8時27分

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 18:19:02.23 ID:JW12siCX.net

たったたたへいたっ🤧

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 23:41:42.27 ID:fymP7SgP.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家重も繰り返した、近親婚[1]によるもので考えられている。

先端巨大症を患りいわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突)が著しかった。咀嚼に影響があり食べを十咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったがガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子のとき風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかたが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供ときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にル14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に環日終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 16:19:29.81 ID:SGgASTdn.net

たいへた

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 21:15:08.81 ID:jVAj6i+n.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイルイス14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レル1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この玉子王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 22:48:37.41 ID:go6/Upyu.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要かわず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

次期後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 15:20:17.70 ID:dUelHs7a.net

【福井】深夜2時 パトカー追跡の車が軽に衝突 軽の助手席18歳女子大生が死亡 運転の男子大学生は意識不明の重体★3 【軽は雑魚】

27日午前2時ごろ、福井市花月2丁目の市道交差点で、福井署のパトカーが追跡していた乗用車が軽乗用車と衝突した。軽乗用車の助手席に乗っていた福井市乾徳、大学生塩崎里桜さん(18)が首などを強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

乗用車の坂田達磨さん(46)=同市新田塚=の呼気からアルコールを検出し、署は自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)容疑も視野に詳しい状況を調べる。

署は「追跡行為は適切と考えている」としている。

0055 ニューノーマルの名無しさん 2020/11/27(金) 16:39:22.79
軽じゃなかったら死んでいなかったと思う

軽に乗る奴は自分の命を金で売ってるような物

0108 ニューノーマルの名無しさん 2020/11/27(金) 16:47:14.83
軽なんかに乗ってるからだよ。
追突した乗用車はピンピンして生きてるww

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 15:50:31.71 ID:6aZenM/3.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要かかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・アホンダラ一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとプァル選侯フィリップ・ヴィルヘルムのマアナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった東海ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 16:07:33.17 ID:6aZenM/3.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要かかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・アホンダラ一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとプァル選侯フィリップ・ヴィルヘルムのマアナ娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった東海ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 16:41:52.62 ID:m10PY9jv.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペイ割譲たが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は17年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 09:28:36.98 ID:owL+Hy0l.net

P(パパ)垢善悪判別
・本当に優しくて余裕があり大人の考えを持った男性は社会的地位がありリスク管理をしっかりされている方がほとんどです。
プライベートが充実し幸せな家庭に恵まれお金の大切さを理解し見ず知らずの女性に金銭を渡すパパ活なんて怪しい行為には手を出しません、
地位の高い男性がパパ活やっている事がバレたら社会的信用を失います。
(過去の事例に某タイヤメーカー社長がパパ活で沖縄旅行で報道。)

2,P垢善悪判別表

◎(該当されたら尚良し)
1、フォロー<フォロワー(低いほど良し)
2、交際クラブ登録←(uクラブの場合はスタンダードで入会金とセッティングで55,000円〜)
3、パパ活アプリ課金済で年収証明提出してるダイヤ、プラチナクラス←(月5980円〜、要収入証明)
4、東京23区在住←(地価高く富裕層多い。港区平均年収は約1185万)

太P出現率
交際クラブ>P活アプリ(シュガダ等定額制)>元祖出会い系サイト(ワクメ等)≧X

○(良し)
1、パパ活アプリ課金←(月5980円〜。)
2、健全デートの活動実績あり←(写真あれば◎)
3、新幹線、飛行機各地移動あり

▲(出来るだけ避ける)
1、アイコンが俳優、スーツ、本人自撮り←(ナルシスト感や自己顕示欲高いpが多い)
2、bioに年収記載、経営者等と肩書きを名乗る←(偽物p垢に多い手口。金や地位で情弱を釣る)
3、クソリプ多数←(pjに相手にされてない)
4、活動実績にセクレポ←(不特定多数と関係持ち病気リスク高)
5、1日に何回もツイート(構ってちゃん)
6、スペース頻繁に参加
7、誤字脱字、文章に違和感あり(すいません等)

×(絶対避ける)
1、凍結、転生歴あり←(転生するには必ず訳があるはず!以前のpjとトラブル等)
2、タグ付きで募集ツイ #パパ活募集等
3、固ツイに高額提示←詐欺師
4、アフィリエイトリンクを貼ってる←乞食男金無し
5、18歳未満を誘う←逮捕上等失うものなしの無敵
6、年齢が若い(20代〜30前半)←冷やかしややり逃げ

既婚者
メリット
・最低限の見た目社会性コミュ力はあり。
・家庭等守るものがあるため悪さをする地雷パパは少ない

デメリット
・大人ありで配偶者に見つかると慰謝料請求される場合あり
・独身と同じ年収なら細くなりがち。

バツあり独身
メリット
・結婚できてるから最低限の見た目や人柄性格は未婚より上
・全財産ぶち込める。
・非モテが多く恋愛経験が乏しい為色恋営業向き。

デメリット
・ガチ恋リスク大。
・年齢が上がるほどルックス性格に難アリ。
・持久力に乏しく何らかの性格的欠陥があるのが大半
・失うものがない為地雷や詐欺、やり逃げが多い

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 10:21:06.54 ID:xWM8g/e7.net

渡部の1日の行動

・カルロス 7時4分~12分

この2分後にリプ
https://x.com/watabe_xxx/status/1752817597064835458

カルロス7時40分~

7時43分ポスト
https://x.com/watabe_xxx/status/1752824943711338890?s=46&t=tV25W8twIEotSU69jYKyvw

カルロス8時27分

カルロス8時53分

カルロス9時10分~9時33分

カルロス9時47分~9時55分

カルロス10時7分~10時16分

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 15:36:29.96 ID:cjOj4W2o.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要たもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった東海ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 09:05:44.56 ID:8WAsOoXg.net

スレ立て人 林へ
なつのテンプレ作成お願い

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 00:00:43.42 ID:mU0N6k0I.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家重も繰り返した、近親婚[1]によるもので考えられている。

先端巨大症を患りいわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突)が著しかった。咀嚼に影響があり食べを十咀嚼で嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったがガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子のとき風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかたが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供ときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にル14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に環日終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 15:39:38.05 ID:dUelHs7a.net

稲垣聖菜さん(15)車にはねられ死亡 「ブレーキと間違えて」河内節二容疑者逮捕 埼玉県さいたま市

23日午後、さいたま市浦和区の市道で渋滞中の車列に突っ込んできた乗用車に道路脇を歩いていた15歳の女子高校生がはねられて死亡しました。
過失運転傷害の疑いで逮捕された80歳の男は「ブレーキと間違えてアクセルを踏んでしまった」と話しているということです。

23日午後2時半過ぎ、さいたま市浦和区東高砂町の市道で、渋滞で止まっていた車列に乗用車が突っ込んだあと脇にそれ、道路の左側を歩いていたさいたま市の高校1年生、稲垣聖菜さん(15)をはねました。

稲垣さんは病院に運ばれましたが胸などを強く打っていておよそ1時間後に死亡しました。警察は車を運転していたさいたま市浦和区の無職、河内節二容疑者(80)を過失運転傷害の疑いで逮捕しました。
警察の調べに対し「ブレーキを踏もうとしたら間違えてアクセルを踏んでしまった」と
話しているということで、警察が事故の詳しい状況を調べています。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 14:12:46.31 ID:nsb1dTXI.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。こ戦争は1714年に終結するが、スペイン領であっ南ネデル を巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 07:40:02.11 ID:GPCzFTv8.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱カルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 12:10:35.25 ID:nsb1dTXI.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をポルトガル国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウト[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 11:59:39.40 ID:cjOj4W2o.net

カルロス2世はスペ王であると共にナポリ王国、シチ王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患ってjおり、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物uを十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は461714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 21:15:28.21 ID:kS6fYm1a.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイルイス14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方従弟に当たるカール大公(後のカー6世レル1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この玉子王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 12:40:18.59 ID:cjOj4W2o.net

カルロス2世はスペ王であ共にナポリ王国、シチ王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海あるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家も繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患ってjおり、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物uを十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は461714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 22:47:28.13 ID:/FoohR6x.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求にもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

次期後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 15:50:01.71 ID:cjOj4W2o.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要かかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・アホンダラ一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしプファル選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムのマリ・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった東海ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 11:34:58.65 ID:uE/MK569.net

山田がギフト配ってる時にDM晒してたけど会話内容見てるとpjと会いまくってるわ
pに嫌われてる理由がわかった

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 22:32:37.85 ID:owMhpXXY.net

ババアは界隈こないでくれ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 09:31:29.66 ID:owL+Hy0l.net

3『偽物(似非)pとは?』
実際は貧困層なのにXの中では富裕層を主張し
pjを騙してパパ活する人間。
アフィリpjの男版
※Xパパ活界隈では最も多いp垢。また界隈ならずアプリサイトに課金出来ない&未成年をターゲットにしてる出会い厨垢も多い
【偽物pの特徴】
1.bioにマウント取る自己紹介(身長体重年収○円、経営者、医者等高収入職業)
2. ポストにマウント取る内容、札束、高級車、ハイブラ(当然偽物)アイコンはイケメン俳優使用。
3.pjにクソリプを送る
4.ポストが上から目線でタメ口

2023年 地雷オブザイヤー
けん(SB)
活動期間
2022年6月〜2023年1月

2023年2月〜2023年6月(こうじに転生)

偽物pの見本です
https://x.com/tentenmobile/status/1620389538777677826

けん(SB)の悪事

https://x.com/vi6tdi12m607nty/status/1582414957421162496

https://x.com/vi6tdi12m607nty/status/1575461971784527877

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 10:16:32.26 ID:X2K048Ce.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリ王なの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の」(かた。咀嚼に影響があり、食でま多かた。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱カルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうし奇を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 08:52:19.54 ID:GPCzFTv8.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリ王なの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食を十分に咀できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱カルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうし奇を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 23:37:42.34 ID:fymP7SgP.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の重にも繰り返した、近親婚[1]によるもので考えられている。

先端巨大症を患りいわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突)が著しかった。咀嚼に影響があり食べを十咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったがガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子のとき風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかたが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供ときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にル14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に環日終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 15:50:06.41 ID:cjOj4W2o.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要かかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・アホンダラ一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしプファル選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムのマ・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった東海ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 23:58:37.08 ID:fymP7SgP.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家重も繰り返した、近親婚[1]によるもので考えられている。

先端巨大症を患りいわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突)が著しかった。咀嚼に影響があり食べを十咀嚼でき嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったがガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子のとき風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかたが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供ときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にル14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に環日終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 16:24:20.95 ID:/FoohR6x.net

>>312
この病的な粘着っぷりはyamadaさんですね

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 07:05:46.75 ID:1rEOntgM.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポル1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 07:40:11.06 ID:GPCzFTv8.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱カルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 23:02:39.86 ID:NKJvb528.net

カルロスはバカ渡部?

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 23:51:46.99 ID:PhUVQ8/e.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発おりまで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリ5王に就いた際に記録を差し出すよう要かわず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

次期後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 09:31:09.13 ID:owL+Hy0l.net

界隈の悪質p垢
・承認欲求やマウントを取りたく嘘をつく(以後妄想p)
・グルメ写真を投稿してpjに近づく(以後飯p)
・富裕層パパ演じ実際は貧困層の偽物パパが存在します。(以後偽物p)

1『妄想Pとは?』
PJとの脳内活動をポストするPのこと。
イイ女をモノにできることをアピールして
羨ましがられたり、火炎瓶リプほしさ、自己顕示欲と承認欲求を満たすことが目的
【妄想Pの種類】
写真を出すP・出さないPの両方あり

写真出さないのは活動すらしていない(妄想pの約7割)。写真を出してるのは活動はしているがPJ設定は嘘

1.実在しないPJと会った妄想をポストするタイプ
2.Xに実在するお気にPJを脳内定期にして妄想をツイートするタイプ

【妄想タイプ】
1.クラス ○○系(容姿)○○さん(職業)○カップ(胸のサイズ)と○○(食事や大人等)終了と架空pjを強く主張
→上玉を抱いたことで強珍宝アピールするタイプ(タイガー etc)

2.高学歴 ハイスぺ美女系妄想
→トロフィーPJを手に入れたことで自分のステータスを高く見せたいタイプ(ペリシテP etc)

3.複合タイプ
→1と2全部盛りのPJを複数囲うことでP活界に君臨する絶対王者になりたいタイプ(リチャード)

4.写真パクリで妄想
→1と2の妄想に加え、無断転載写真を載せて妄想定期との活動を信じさせようとするモラル違反タイプ(まえぽん)

『グルメPとは?』
アフヌンやスイーツ等食べ物全般だけポストするPでありpjをおびき寄せることが目的。
p垢pj垢と馴れ合いしp活をやってますアピール。

また活動実績を残せるため一石二鳥
【グルメPの種類】
1.手当は格安または無し(DM来たpjに対し「自分から連絡してご馳走するのにお手当ても要求って頭大丈夫?」と開き直るpもあり。
2. オフ会参加者が多く品定めされるうえに個人情報漏洩注意(当然オフ会は手当0)
3.自分にだらしないのが多く肥満p率高い

該当p
カフェ、スイーツ系

かき氷 ハニーディップ
スイーツ全般 Na フルーツ好き
カフェ全般 sotaカフェ巡り

ご飯食事系
寿司 Tパパ
和食 パパ活和尚
焼肉 ふじむらp

居酒屋、酒系
ちゃう

貢ぎ系
アキラ、クラウド等

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 13:25:10.07 ID:cjOj4W2o.net

カルロス2世はスペ王であ共にナポリ王国、シチ王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海フィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家もメリルリンチ繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患ってjおり、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物uを十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は461714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 08:27:14.77 ID:GPCzFTv8.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べを十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱カルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうし奇を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 13:03:55.19 ID:xWM8g/e7.net

渡部の1日の行動

・カルロス 起床 7時4分~12分

7時14分リプ
https://x.com/watabe_xxx/status/1752817597064835458

カルロス7時40分~

7時43分ポスト
https://x.com/watabe_xxx/status/1752824943711338890?s=46&t=tV25W8twIEotSU69jYKyvw

カルロス8時27分

カルロス8時53分

カルロス9時10分~9時33分

カルロス9時47分~9時55分

カルロス10時7分~10時27分

10時35分~10時38分リプ
https://x.com/watabe_xxx/status/1752869082620383394

カルロス11時6分~11時40分

カルロス12時49分

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 22:49:15.55 ID:Ojo91bOT.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリ5王に就いた際に記録を差し出すよう要かわず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

次期後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 18:22:45.94 ID:4KC8bHbD.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよ要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 16:31:46.18 ID:4nqK1sE1.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、カルタゴ領であったデルランを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世時まで紛が続くことになる。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 16:31:30.05 ID:D1sEM2fr.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、カルタゴ領であったネデルランを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世時代まで紛が続くことになる。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 14:32:23.98 ID:nsb1dTXI.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。こ戦争は17年に終結するが、スペイン領であっ南デル を巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 18:23:16.76 ID:ZOqhGsod.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランスルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネール継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよ要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 18:22:20.78 ID:oJv92fH/.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 23:27:00.95 ID:fymP7SgP.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものでと考えられている。

先端巨大症を患りいわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突)が著しかった。咀嚼に影響があり食べを十咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったがガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子のとき風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかたが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供ときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にル14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に環日終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 16:41:36.41 ID:UHSM6o7X.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペイに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は17年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 21:14:24.67 ID:uBQeoDhQ.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この玉子王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 22:52:27.13 ID:fymP7SgP.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものでと考えられている。

先端巨大症を患おり、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり食べを十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったがガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にル14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に環日終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 11:40:43.24 ID:q46TpGlB.net

カルロス2世はスペ王であると共にナポリ王国、シチリア王などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くこなになる。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 21:25:56.05 ID:kS6fYm1a.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイルイス14世と異母姉マリア・テレサの孫母従弟に当たるカール大公(後のカー世レ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この玉子王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 12:05:56.85 ID:nsb1dTXI.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリ王なの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家何重も繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患ており、いわゆる「ハプスブルク家の」(かた。咀嚼影響があり、食でま多かた。

くる病も併発しおり5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染にかかったが、ガヴァネの努力で生き残った麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスグイネストの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教家教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱カルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうし奇を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 10:22:26.54 ID:X2K048Ce.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリ王なの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患ており、いわゆる「ハプスブルク家の」(かた。咀嚼影響があり、食でま多かた。

くる病も併発しおり、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱カルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうし奇を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 15:50:27.42 ID:6aZenM/3.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要かかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・アホンダラ一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとプァル選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムのマアナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった東海ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 22:07:23.70 ID:O5n6Kk3a.net

介護職を馬鹿にされた渡部さんが真っ赤になってんぞ

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/02(金) 16:01:56.26 ID:nWj9bq5i.net

渡部バカだろ

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 23:10:04.32 ID:fymP7SgP.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものでと考えられている。

先端巨大症を患おり、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突)が著しかった。咀嚼に影響があり食べを十咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったがガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にル14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に環日終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 04:47:18.61 ID:M1WIlmxx.net

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 15:15:45.99 ID:cjOj4W2o.net

カルロス2世はスペ王であ共にナポリ王国、シチ王国などの南イリほぼ全土の王であった。

スペインの海フィやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家もメリルリンチ繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患ってjおり、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、uを十分に咀嚼できずに嚥下してしこと多かっ

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は461714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 10:11:02.64 ID:X2K048Ce.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリ王なの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(前著かた。咀嚼に影響があり、食でま多かた。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱カルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうし奇を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 23:46:19.37 ID:EDrwnT/J.net

🤣🤣
もうねむいの?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 15:28:46.60 ID:dUelHs7a.net

【やっちゃえ日産】乗用車(日産エルグランド)と軽自動車が正面衝突 軽自動車の母娘が死亡

 11日午前8時25分ごろ、茨城県高萩市上手綱の市道で、同市高戸、会社員小林翔さん(26)運転の乗用車が、
茨城県日立市金沢町、職業不詳小原幸子さん(53)運転の軽乗用車と正面衝突した。

 高萩署によると、軽乗用車を運転していた小原さんと、助手席に乗っていた母親のテイ子さん(79)=日立市十王町友部=は全身を強く打ち、
日立市内の病院に搬送されたが、出血性ショックのため死亡した。小林さんは頭に軽傷を負った。

 同署によると、現場は片側1車線の緩いカーブ。
後続車の目撃情報では、乗用車が対向車線にはみ出し、軽乗用車と衝突したという。

0068 レムデシビル(茨城県) [SA] 2022/09/11(日) 21:04:45.33
軽自動車と正面衝突…女性2人死亡 乗用車の男の呼気から基準値超えるアルコール検出 茨城・高萩市

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 21:14:30.60 ID:uBQeoDhQ.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポル1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この玉子王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 09:47:39.85 ID:GPCzFTv8.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリ王なの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食でまことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱カルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうし奇を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 17:25:34.24 ID:upFtYzGy.net

何にせよしょーもない仕事してる男が嫉妬心でヘイトしてるのはみっともないな

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 23:58:29.86 ID:6IyesYf2.net

【愛人】パパ活男女アカウントスレ91
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/twwatch/1706799262

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/02(金) 16:12:02.09 ID:I370Dslb.net

>>347
知らなかったの?

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 23:11:21.08 ID:2kzpPA8G.net

渡部ID変えないの?

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 22:48:06.09 ID:wywD0q0e.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求かかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

次期後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 11:42:40.41 ID:X2K048Ce.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリ王なの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患ており、いわゆる「ハプスブルク家の」(かた。咀嚼影響があり、食でま多かた。

くる病も併発しおり5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。と風、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教家教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱カルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうし奇を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 14:06:55.17 ID:Ub/6Joqu.net

今日1日の調査じゃ無職と判断できないだろ。
平日休みかもしれん
1週間調べて毎日こうなら無職間違えないけど

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 21:07:21.98 ID:tYywxo4S.net

久々に5chみたぞクソクズ野郎どもw
人気になったアカウント追い込んで誰得なわけ?
悪質だと思ったものは、発信者開示請求に関する専門家を紹介してサポートしていくのでやり過ぎかなと言う書き込みは注意してsubmitを押すように。
スノボはオミクロンでバラシにして安心安全メンバーで楽しみました🏂

https://x.com/hichewman/status/1488040931219501056

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 21:41:46.76 ID:kS6fYm1a.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイルイス14世と異母姉マリア・テレサの孫母従弟に当たるカール大公(後のカー世レ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この玉子王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 07:00:16.07 ID:MuuOo0GF.net

たいへんたいた7時だ
おはよう

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 09:55:11.34 ID:X2K048Ce.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリ王なの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(前)が著しかった。咀嚼に影響があり、食でまこが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱カルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうし奇を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポ1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイ王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/02(金) 08:01:45.98 ID:9VzO53e1.net

こっちまだ?

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 23:13:57.30 ID:fymP7SgP.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものでと考えられている。

先端巨大症を患おり、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突)が著しかった。咀嚼に影響があり食べを十咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったがガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のとき風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にル14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に環日終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 14:12:50.72 ID:nsb1dTXI.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。こ戦争は1714年に終結するが、スペイン領であっ南デル を巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/01/31(水) 11:42:07.35 ID:/wVj5R+e.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14世はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は1714年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾白孫ルイ15世の時代まで紛糾が続くことになる。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2024/02/01(木) 07:04:21.63 ID:KpPuMCnh.net

カルロス2世はスペイン王であると共にナポリ王国、シチリア王国などの南イタリアのほぼ全土の王であった。

スペインの海外領土であるフィリピンやメキシコにも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。

しかし、出生時から病弱な人物であり、おそらくハプスブルク家の何重にも繰り返した、近親婚[1]によるものであろうと考えられている。

先端巨大症を患っており、いわゆる「ハプスブルク家の顎」(下顎前突症)が著しかった。咀嚼に影響があり、食べ物を十分に咀嚼できずに嚥下してしまうことが多かった。

くる病も併発しており、5歳まで足底装具の着用が必要だった。

子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。子供のときに風疹、麻疹、水痘、天然痘といった感染症にかかったが、ガヴァネスの努力で生き残った。

歴史家のウィリアム・ダラントとアリエル・ダラント(英語版)によれば、35歳までに髪がすべて抜け落ちたという。

教育はきちんと受けており、6歳のときにサラマンカ大学の教授が家庭教師に任命され、12歳のときより数学と音楽を学んだ。

支配の悪魔
編集

カルロス2世の肖像画
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉も頻発していた。地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特にフランス)に影響した。

カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、母が追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・ホセ・デ・アウストリア[2]が実権を握った。

フアンが1679年に死ぬと母が宮廷に戻り、再び摂政となった。ガスパール・デ・グスマンの権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。

1668年にポルトガルが北アフリカの飛び地(セウタ)をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。

一方、フランス王ルイ14世が領土拡大を目論み起こしたネーデルラント継承戦争・オランダ侵略戦争・大同盟戦争でスペインはフランスと戦ったが、アーヘンの和約、ナイメーヘンの和約、レイスウェイク条約で南ネーデルラントの領地を失っていった。

スペイン異端審問では、1680年に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。

カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。

しかし、フェリペ5世が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。

結婚・一族

1679年にオルレアン公フィリップ1世(フランス王ルイ14世の弟)の娘マリア・ルイサと結婚したが、虚弱なカルロス2世は性的にも不能だったと推測され、子供を持つことが出来なかった。

マリア・ルイサは1689年に27歳で死去、カルロス2世は後添いとしてプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘マリア・アナを娶ったが、この結婚も成功ではなかった。

やがてカルロス2世の精神障害の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ[3]と見る歴史家も居る。

後継者を迎える必要から、1698年に又甥に当たるバイエルン公子ヨーゼフ・フェルディナント(母方の叔父の神聖ローマ皇帝レオポルト1世と同母姉マルガリータ・テレサの孫)をアストゥリアス公に叙爵したが、翌1699年に夭折した。

他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉マリア・テレサの孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後のカール6世、レオポルト1世の次男)がいた。
1700年、カルロス2世はスペイン王位のアンジュー公フィリップへの譲位を表明して崩御。スペイン・ハプスブルク家は断絶した。
1701年2月にルイ14はパリ高等法院にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、スペイン・ブルボン家は現代のフェリペ6世まで続くスペイン王家となった
しかし、この王位継承を巡ってスペイン継承戦争が勃発する。この戦争は171年に終結するが、スペイン領であった南ネーデルラントを巡ってはルイ14世の曾孫ルイ15世の時代は回るまで紛糾が続くことになる。

(Visited 2 times, 1 visits today)

参考になったらSNSでシェアお願いします!

この記事を読んだ方へのおすすめ

最近のコメント

コメントはまだありません
ページTOPへ↑